四十肩・五十肩

人の体には多くの関節がありますが、その中で一番大きく動くのが肩の関節なのです。
自分で肩を回してみると、様々な方向に動くのが分かりますので動かしてみてください。

いかがですか?
「指」や「ひざ」の関節とは違って色々な方向に動くのが確認出来るかと思います。
それは肩には3つの関節と、複数の筋肉が複雑に組み合っているからです。
ですが、40代以上の中高年代になってくると加齢や運動不足により、肩周辺の筋力や強度が低下し、柔軟性の低下、血行不良、等が起きてしまい、多少の負担でも筋肉等を痛める大きな原因となるのです。
これが四十肩・五十肩ですね。
もちろん、中高年の肩の痛み=四十肩・五十肩とは判断できません。
(四十肩&五十肩は同じものです。40~50代に多発しますが、30~70歳代くらいの年代層にも発症します。)

その他の原因

肩の痛みの原因は上記の物ばかりではなく、ほかにも多数存在します。石灰沈着性腱板炎(肩の腱板に石灰分がたまるもの)、スポーツや重量物を持ち上げた際に発症するもの、また、頸椎の変性や神経が圧迫されたもの、狭心症・心筋梗塞の前兆という例もあります。
いずれも放置していると悪化したり、重大な発作になる事も多いのです。
肩の痛みを軽く考えず、まずは専門家に診てもらいましょう。